menu
2018.11.14

新潟開港150周年記念講演会 みなとまちの魅力再発見-旅行家・イザベラ・バードが見た明治の新潟-開催

イザベラ・バード 金坂清則著 「イザベラ・バードと日本の旅」 (平凡社2014)より

新潟開港150周年記念講演会

みなとまちの魅力再発見

-旅行家・イザベラ・バードが見た明治の新潟

参加者募集

2019年1月1日。

いよいよ新潟開港150周年を迎えます。

講演会では、140年前に新潟を訪れた英国の旅行家

イザベラ・バードが残してくれていた記録の意義の

「発見」を通して、みなとまち新潟の魅力と希望に

満ちた未来について考えます。

■第一部 記念講演 13:40~15:00

      「イザベラ・バード 旅の生涯と日本の旅 そして新潟」

       講師:金坂清則氏(京都大学名誉教授・地理学者)

■第二部 パネルディスカッション 15:10~16:30

      「みなとまちの魅力再発見」

       パネリスト:神田勝郎  氏(北方文化博物館館長)

             野内隆裕  氏(路地連新潟代表)

             伊藤頼子  氏(みるみる沢梅まちあるきガイド代表)

       コーディネーター:小野沢裕子  氏(フリーアナウンサー)

参加ご希望の方は、「ハガキ」「FAX」「メール」のいづれかでお申し込み

下さい。12月6日必着です。

お問い合わせ:新潟日報社 地域連携推進室 025-385-7434

詳しくは、チラシをご覧下さい。

      ↓

#開港150周年企画181105シンポジウムA4

 

  • Facebook
  • Twitter