menu
2018.11.21

新潟開港150周年を契機に、次世代のまちづくりを! ー 新潟都心の都市デザイン ー

 新潟開港150周年をきっかけとして、新潟市では、次世代のまちづくりが進められています。
 このほど、これから先の150年を見据え、新潟の暮らしをより豊かなものにするとともに、魅力向上につなげるまちづくりに「オール新潟」で取り組むため、新しい新潟の都市デザインが描かれました。
 これまでの歴史の中で、古町と新潟駅の2つの拠点が向き合うようにして〝都心軸″ が形成され、その軸が150年間ぶれていないところが他都市にない新潟の個性であり、財産となっています。これから先の150年も、この不動の軸を次世代のアイデンティティとして、地域が一体となったまちづくりが進められていきます。

 詳しくは、新潟市都市計画課「新潟都心の都市デザイン」のページをご覧ください。

新潟都心の都市デザイン

 


 

新潟開港150周年記念事業実行委員会では、開港150周年を「新しい新潟を切り拓くスタート」として位置付け、みなとまちの育んだ歴史や文化を継承・発展させ、拠点性の向上やまちづくりを「オール新潟」の取り組みとして推進しています。
 

  • Facebook
  • Twitter