menu
2019.11.12

【参加者募集】新潟開港150周年記念フォーラム「つながる地域、広がる都市間交流」

チラシPDF

地域・都市間交流によって発展する未来の新潟を考えます。
開港から10年後に日光→会津→新潟を旅した世界的旅行家イザベラ・バード。
彼女が残してくれた旅の記録から、さらなる地域連携の可能性を探ります。

※事前申し込みが必要です
※11月29日(金)必着


■日時
2019年12月15日(日)14:00~17:00 ※13:30受付開始

■会場
新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」能楽堂

■参加費
無料

■定員
300
※応募多数の場合、抽選

■内容
【基調講演】
「イザベラ・バードの新潟の旅と活写された新潟」
講師/金坂 清則氏(京都大学名誉教授・地理学者)

【パネルディスカッション】
「さらなる交流拡大に向けて」
パネリスト(五十音順)/
渋川 恵男氏(会津若松商工会議所会頭)
高岡 はつえ氏(沼垂テラス商店街(テラスオフィス)統括マネージャー)
中原 八一氏(新潟市長) 
室井 照平氏(会津若松市長) 

コーディネーター/
野内 隆裕氏(路地連新潟代表)

■申し込み
本ページの最下段に記載


 
 <前日開催・プレイベント>
まち歩き「イザベラ・バードと明治の新潟コース」

NEXT21~白山神社を、3グループに分かれて散策します。イザベラ・バード研究の金坂清則氏も参加します。

■日時
2019年12月14日(土)13:00集合・受付
※所要時間90分程度

■集合場所
NEXT21(新潟市中央区西堀通6番町866番地)

■参加費
無料

■定員
30
※応募多数の場合、抽選

■申し込み
本ページの最下段に記載


 
トークセッション
イザベラ・バードでつながり、新潟を発信しよう!」

■日時
2019年12月14日(土)15:00~16:45

■会場
白山会館(新潟市中央区一番堀通町1-1)
※まち歩きのゴール地点です

■参加費
無料

■出演者
パネリスト(五十音順)/
齋藤 勝子氏(新潟シティガイド)
先川 幸宏氏(路地連胎内)
田辺 修一氏(北宝隊)
渡部 達也氏(阿賀町観光ガイド)

ゲストコメンテーター/
金坂 清則氏(京都大学名誉教授・地理学者) 

コーディネーター/
伊藤 頼子氏(新潟イザベラ・バード研究会代表)

■定員
120
※応募多数の場合、抽選

■申し込み
本ページの最下段に記載


 
<お申し込み>
11月29日金曜(必着)までに、参加申し込みフォームに必要事項を入力するか、ハガキ(〒950-8535、新潟市中央区万代3-1-1)・FAX(025-385-7438)・メール(kaiko-kouenkai@niigata-nippo.co.jp)のいずれかに下記の事項を記載し、新潟日報社地域連携推進室へ
①「開港150周年フォーラム」
②参加を希望する催事(記念フォーラム、まち歩き、トークセッション)※複数催事の申込可
③郵便番号
④住所
⑤氏名
⑥年齢
⑦電話番号
 ※応募多数の場合、抽選。当選者のみ参加券を発送します。(12月5日頃発送予定)

<お問い合わせ>
新潟日報社地域連携推進室
電話:025-385-7434(土・日・祝日を除く9:30~17:30)

 

  • Facebook
  • Twitter

ページトップへ