menu
2019.12.17

顕彰碑が完成!|県立新潟医学校創立の礎となった4人の外国人医師の功績を称えて

 新潟開港150周年記念事業実行委員会では、「みんなでつくる、みなとまち新潟スタート!」を合言葉に、オール新潟で盛り上げる取り組みを進めています。

 これまでに、新潟の医学史を顕彰する会の皆さまからは、当実行委員会が募集した「みなとまち新潟の振興や発展に資する学術研究」に応募をいただき、開港後の「新潟に初めて西洋医学をもたらした5人の外国人医師」に係る研究事業を実施していただいておりました。

 この研究の成果として、市民向けにとても親しみやすいガイドブックを作成いただきました。

➣ガイドブック「新潟に初めて西洋医学をもたらした5人の外国人医師の物語」(PDF:1.69MB)

・ガイドブック 閲覧・貸出場所
 新潟県立図書館(新潟市中央区女池南3丁目1番2号)
 新潟市立中央図書館(新潟市中央区明石2丁目1番10号)
 佐渡市立両津図書館(新潟県佐渡市両津湊198番地)
 聖籠町立図書館(新潟県北蒲原郡聖籠町大字諏訪山1560番地1)

 
 このたびは、新たに、県立新潟医学校の創立の礎となった4人の外国人医師の功績を称えた顕彰碑が完成し、去る12月12日に、新潟県医師会館において除幕式が開催されました。


除幕式の様子


顕彰碑の完成を祝う演奏も

 顕彰碑は、新潟県医師会へと寄贈され、このたび新潟県医師会館3階のラウンジに設置されました。見学を希望される方は、事前にご連絡をお願いします。

・新潟県医師会館総務課
 TEL:025-223-6381

  
 

 このほか「みなとまち新潟」研究助成については、当実行委員会ホームページで紹介しているほか、市内の図書館等で閲覧、貸出もしていますのでご活用ください。

➣当実行委員会トップページ/ギャラリー/地域活動団体助成等

この機会にぜひご覧ください。

  • Facebook
  • Twitter

ページトップへ